スポンサーサイト

  • 2016.04.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    トレーニングの必要性・トレーニング障害

    • 2015.05.22 Friday
    • 21:49
    バドミントンの強化にウェイトトレーニングをはじめとした筋力トレーニングの必要性について指導者の意見が分かれます。
    私はバドミントンの競技経験がなく、技術的な細かいことや戦術的なことについてはわかりませんが、バドミントンに関する特異的な体の使い方や必要な体力要素については理解しているつもりです。

    例えば、自ら打ったシャトルを相手選手がどの場所に打ち返してくるかを予想しその場所に移動して再び打ち返すという、バドミントンにおいては日常茶飯事的なやり取りがあります。
    この一連のプレーの中には、戦術構成、予想能力、判断力、トラベリング技術、脚筋力、ラケットコントロール、上肢・体幹の筋力など様々な要素が含まれています。その中で筋力の影響を受ける要素は少なくないはずです。なので、私はバドミントンにとって競技的筋トレは必要だと考えます。

    筋トレとは、レジスタンストレーニングとも呼ばれ、能動的に負荷を筋にかけ関節運動を行うことです。その際の「能動的な負荷」とは「増減させることによって人工的に筋にストレスをかける重量」のことを言います。日常では経験しえないような重さを扱うことで筋に能動的に負荷をかけて強化していきます。

    本庄整骨院  http://honjo-seikotsuin.com
    〒546‐0014
    大阪市東住吉区鷹合1ー14−12 銀商ビル301
    06‐7891‐0010

    成長年齢とトレーニングターゲット

    • 2015.04.20 Monday
    • 16:18

    ジュニア選手のトレーニング指導で注意する点は、子供の成長年齢に合わせてどの体力要素を強化する時期なのかを理解することです。

    成長年齢とは体力年齢とも言われ、いわゆる年齢(暦年齢)のことではなく子供の成長に合致した年齢の事です。ジュニア期は、成長のスピードにばらつきがあり個人差があります。例えば、同じ暦年齢12歳でも成長年齢では前後2〜3歳の開きがあります。

    成長期前から成長期、そして成長期後によって向上する体力要素が違いますので、効率よくトレーニングをするためには、正確に選手の成長年齢を把握する事が大切です。

     

    スキャモンの発育曲線

    いろいろな異論はありますが、現在は、「スキャモンの発育曲線」が一般的な子供の発育の指標になっていますので参考にしていきたいと思います。

    子供の発育には、/牲亰▲螢鵐儼0貳矛だ舷7があり、それぞれの型は発達する年齢や発達速度が異なります。

    /牲亰は、運動の関連性を担う神経系の発達を示しています。出生直後から急激に発達し、4〜5歳までには成人の80%程度(6歳で90%)にも達します。

    ▲螢鵐儼は、免疫力を向上させるリンパ組織(扁桃、リンパ節、胸腺など)の発達です。
    生後から12〜13 歳までにかけて急激に成長し、大人のレベルを超えますが、思春期過ぎから大人のレベルに戻ります。

    0貳矛は、身長や体重などの体型と肝臓、腎臓などの胸腹部臓器の発育を示します。
    一時期、乳幼児期まで急速に発達し、その後は次第に穏やかになり、再び二次性徴が出現し始める思春期に急激に発達します。

    だ舷7は、文字通り男児の陰茎・睾丸、女児の卵巣・子宮などの発育です。
    8歳頃までは、わずかな成長ですが、14 歳あたりから急激に発達し男子ホルモンや女性ホルモンなどの性ホルモンの分泌を促進させます。


    ゴールデンエイジ

    スキャモンの発育曲線から神経型・一般型・生殖型の発達のもっともバランスの取れている時期をゴールデンエイジと呼びます。この時期は、技術や動作の習得に優れ、目で見たことが簡単に動作に反映できる時期です。

    ゴールデンエイジの前がプレゴールデンエイジと呼ばれ、ゴールデンエイジに入る前の準備期です。この時期に運動動作の基本を獲得しているとスムーズにかつ効果的にゴールデンエイジに移行する事ができます。特に、ラケット競技では、プレ期がとても重要とされています。

    プレ期とゴールデンエイジ期は、言葉による理論的な指導よりも技術・動作を「見せて」「やらせる」という事が大切です。「いいものを見て真似をする、なんでもやってみる」がキーワードです。

    神経系の発達が終了に近づくと、ゴールデンエイジ期が終わりポストゴールデンエイジに入ります。ポスト期は別名clumsy(不器用な)と呼ばれ、今まで簡単にできていた動作ができなくなります。

    今まで、頭で考えなくてもできた動作がどこかぎこちなくなり、選手にとってはとても苦しい時期です。この時期に、指導者や保護者から精神面の弱さを追求され(やる気がない、集中していない、気合が足りない)スポーツを楽しめなくなります。

    ポスト期は、動作をもう一度、論理立てて考え直す時期です。指導者や保護者の方が助言し効果が現れる時期でもあ、精神的かかわりを強く深められる時期でもあります。また、ポスト期は、臓器の発達が目覚ましい時期でもありますので、積極的にしんどい練習に参加を促すようにします。「考える、プレーを解説できるようになる、どんどん走ろう」がキーワードです。

     

    成長年齢を見極める

    成長期を判断するために、私はエコーを用いて成長軟骨を観察します。小児のすべての長管骨の両端に成長軟骨が存在します。特に、膝(脛骨粗面)の成長軟骨は、観察しやすく成長時期を判断するのにとても有用です。

    [画像3]は膝の成長軟骨の成長過程です。左から‘霍期、▲▲櫂侫ーゼス期、エピフィーゼス期、す化期です。

    ‘霍期は10歳以前、
    ▲▲櫂侫ーゼス期は10〜12,3歳、
    エピフィーゼス期は13〜16,7歳、
    す化期は18歳以降になります。女子はこの年齢より2歳ほど早く移行します。

    上記のゴールデンエイジと相関させると

    機Л‘霍期がプレ期。

    供Л‘霍期後期〜▲▲櫂侫ーゼス期・エピフィーゼス期前期がゴールデンエイジ期

    掘Лエピフィーゼス期中・後期がポスト期

    検Лす化期はポスト期以降

    になります。

     

       

    ●高校1年生女子バドミントン選手の新入部員スクリーニングで撮影した脛骨粗面のエコー画像です。同じ年齢でも左のエコー画像の選手は成長軟骨が残存しています。右のエコー画像の選手は骨端線が閉鎖しています。この様に成長年齢には個人差があります。

     

    トレーニングターゲットを決める

    機Д廛豐:スキャモンでは神経型の発達が著しく、飛躍的に技術習得しやすい時期です。

      ・遊びの要素を多く取り入れた技術練習を中心に行う。

      ・自重を使った筋トレや体幹トレを行う。

      ・敏捷性を鍛える。

     

    供Д粥璽襯妊鵐┘ぅ鹸:スキャモンでは神経型・一般型・リンパ型がバランスよく発達している時期で、技術習得に加えゲーム的要素(対人スキル:かけひき等)が向上する時期です。

      ・とにかく技術練習を徹底的に行う。うんちくより見せる・動く

     

    掘Д櫂好抜:スキャモンでは一般型が発達しますが、神経型は一気に下降します。その為に、今までできていた事が難しくなり動きがギクシャクします。年齢的に精神的にも不安定でとても指導が難しい時期です。選手が運動嫌いになるのもこの時期で、慎重に選手とかかわる必要があります。一般型は臓器の発達が著しく、スタミナの向上が期待できます。また一度、感覚でプレーしていた動作や戦術を、頭で考え理解する時期でもあります。

      ・座学(研究、分析、比較)

      ・スタミナトレーニング(持久系トレーニングで有酸素能を上げる)

      ・筋トレ導入のためのフォームつくり(特に股関節の使い方の習得)

     

    検Д櫂好抜以降:スキャモンでは生殖型が発達する時期です。骨の強度が上がり、性ホルモンの分泌が促進されます。筋力トレーニングの効果が十分期待できる時期になります。

      ・筋トレを導入する

     

    *成長期に筋トレをすると背が伸びなくなるというのは間違った迷信です。成長期では筋トレの効果が期待できないのと関節・骨への負担からケガのリスクが高くなるので行いません。(身長が伸びないから行わないのではありません)リンパ型の発達後には、効果が期待できるので積極的に筋トレを行います。

    本庄整骨院    http://honjo-seikotsuin.com
    〒546‐0014
    大阪市東住吉区鷹合1ー14−12 銀商ビル301
    06‐7891‐0010

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM