スポンサーサイト

  • 2016.04.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ジュニアの腰痛と若年型分離症

    • 2015.03.28 Saturday
    • 17:28

    バドミントンのジュニア選手が腰痛を訴える事はよくあることです。おそらくそのほとんどが筋・筋膜に起因したものではないかと思われますが、なかには注意を必要とするものがあります。

     

    腰椎分離症または腰椎疲労骨折とも呼ばれるものです。腰が疲れやすいなどの症状で、成人になってレントゲンをとるとたまたま見つかることがありますが、実は、10歳代前半(12〜14歳)に発症していることがほとんどです。

     

    成人期に腰痛を訴え腰椎分離症が見つかった場合、そのほとんどが体を後ろに反らした時に痛みが憎悪する「伸展型腰痛」に分類されます。定型的な痛み方の成人型に比べ若年型の症状はまちまちです。

     

    私は今までに4例若年型分離症を経験しましたが、それらの症状は全てバラバラでした。

     

    例えば、高校2年生女子バドミントン選手が臀部にシビレと鈍痛を訴えてきました。症状はまるで腰椎椎間板ヘルニアでした。腰椎椎間板ヘルニアの徒手理学検査にも反応があり、MRIでの精査をすすめました、が、結果は分離症でした。若年型と判断し腰に負担のかかる練習を3か月中止するようコーチにお願いしました。3か月後の再検査の結果、骨の融合が確認されました。もしヘルニアと判断しリハビリを行っていた場合、マッケンジー体操に代表される腰部伸展動作を指導していたと思います。分離症にとって腰部を伸展するのは最も禁忌な動作です。それを選手に行おうとしていたと思うとゾッとします。

     

    その他にも所在の不明瞭な腰痛が実は分離症であったケースがありました。ジュニア期の選手が腰痛を訴えた場合は、レントゲンでの検査の必要性を考えておかなければならないと思います。

     

    分離症をかかえたまま頑張っている選手もたくさんおられます。分離症は選手生命を左右する障害ではありませんが、やはり腰痛を度々訴えてきます。強度の高いトレーニングを行う際のブレーキになることも事実です。

     

    骨融合が期待できる若年型分離症の場合は、安静を第1選択とするべきではないでしょうか。

     

    選手の訴えを漏らさずに聞き、障害の早期発見をし、正しい知識を選手やその保護者・指導者と共有し、対策を講じる事が大切だと思います。

    本庄整骨院   http://honjo-seikotsuin.com
    〒546‐0014
    大阪市東住吉区鷹合1ー14−12 銀商ビル301
    06‐7891‐0010

    離断性骨軟骨炎

    • 2015.03.24 Tuesday
    • 09:17

    離断性骨軟骨炎(OCD)はジュニア期に発症する特有のスポーツ障害です。足首・膝・肘に多く発生します。病名から骨が離断する(ちぎれる)と想像してしまいますが、実際は、軟骨下骨が血流の阻害により無腐性壊死し脱落する状態です。

    競技別ではサッカーやバスケットボールのように膝を曲げた状態からの急激なSTOP & GOやカッティング動作で受傷します。投球動作のあるラケット競技や野球では肘の外側の骨に発症します。

    症状は特徴的で

        ー傷機転がない、

        日常生活ではほとんど痛みがでない、

        プレー中の激しい動きの際にだけ痛みがでる、

        げ,気┐討眥砲ない、腫れてもいない

     などです。

    小学高学年から中学前期に多く発症しますが、筋力が未発達なので痛みは強く現れません、中学後期から高校以降に筋力の発達に伴って痛みが増してきます。その時点で初めて医療機関を受診されるケースが多く、病態がすでに進行しているので、ほとんど手術の適用になっていまいます。

    早期発見で手術を回避できる事もありますので上記の様な症状がある場合は、できるだけ早く医療機関にかかる事をおすすめします。しかし、OCDはレントゲンでは見つけにくい場合もあります、できればMRIで確定診断を受けられる方がいいのではないかと思います。


    ケース1: 大腿骨内顆離断性骨軟骨炎 

    高校1年生男子バスケットボール選手です。新1年生の入部時スクリーニングで膝の痛みを訴えていました。問診票では有痛性分裂膝蓋骨と申告されていたのですが、疼痛部と合致しなかったので徒手検査とエコー検査をおこないました。

    徒手検査では所見はありませんでした。ROM検査では非荷重での伸展・屈曲とも問題ありませんでしたが、荷重位では屈曲130°で痛みが大腿骨内顆に出現しました。エコーでは内側の膝蓋-大腿関節の軟骨・下骨に連続性の不整列が確認できました。

    OCDを疑い総合病院にて受診しOCDの確定診断を受けました。今後の対応を顧問の先生と協議しました。

    ●膝を曲げ関節軟骨が露出した状態でエコーをとりました。
    ●画面中央の黒い部分が軟骨です。表面のきれいなカーブがなくなっています。また、その下の白い線の下骨の表面も不整列が確認できます。

    ●膝を曲げた状態で膝蓋‐大腿関節を撮影しました。

    ●エコー画像で画面左の軟骨(黒色)と下骨(白色)の不整列が確認できます。

    ●MRI画像です。画面左が矢状断(前後に切った)、右が前額断(左右に切った)映像です。
    ●内顆の関節面に下骨の欠損が確認できます。

     

    ケース2:大腿骨内顆離断性骨軟骨炎 

    中学1年男子サッカー選手です。日常では痛みがないのですがサッカーをすると膝に痛みが現れるという事で来院されました。症状が上記に合致したので、徒手検査で他のケガの可能性を除いておいてエコーをとりました。

    ●図左:画面左(健側)の関節軟骨と画面右(患側)です。患側の軟骨と下骨が損傷しているのがわかります。
    ●図右:患側の拡大した映像です。

    態と予後の説明をご両親にさせていただきました。最初はとまどっておられましたが、理解していただき総合病院で診察を受けていただきました。

    結果的に手術が必要となりましたが、早期の発見だったので低侵襲な手術方法を選択することができました。

     

    ●手術後4か月のエコーです。軟骨と下骨がきれいに再生されています。

    本庄整骨院                 http://honjo-seikotsuin.com
    〒546‐0014
    大阪市東住吉区鷹合1ー14−12 銀商ビル301
    06‐7891‐0010

    骨端症

    • 2015.03.23 Monday
    • 15:52

    骨端症って聞きなれない言葉です。成長痛などの呼び方の方が一般的かもしれません。しかし、成長痛と言うと少し誤解を生んでしまうように思います。

    骨端とは成長期には成長軟骨が存在しますがそれよりも端の部分の事を言います。この部位には靭帯や腱が付着しておりそれらに引っ張られることにより骨が隆起したり剥がされた状態になります。病名にはオスグッド病やシーバー病など人名が用いられます。

    ●膝のレントゲン映像です。関節とは別に骨の間に黒い隙間が見えます。これが成長軟骨板です。成長軟骨板より関節側を骨端、反対側を骨幹と呼びます。
    骨端症は骨端に何らかの器質的変性が起こった状態を言います。


     

    ケース1: オスグッド病(Osgood Schlutter D)脛骨粗面骨端症
     

    数多くのジュニアスポーツ選手のオスグッド病を経験しました。サッカー、バスケットボール、バレーボール、バドミントン、野球、体操、競泳などの選手が男女問わずこのケガを訴えていました。原因はゞサ仔胆、太腿前の筋の硬さ、2鳩論などが考えられます。

    ゞサ仔胆から発症動作を考察すると、ダッシュやジャンプで地面に足を強く踏み切ったり、ストップ動作の1歩目の足に多く発症しています。

    ∪長期はおよそ3年間続きます。この時期をPGA(Peek Growth Age)と呼び、1年間で10cm弱ほど身長が伸び、特に、長管骨(手・足の長い骨)が伸びます。骨に対して筋の発達は遅く、骨の伸びに追いつけなく筋の付着部を引っ張ってしまい骨端にダメージを与えてしまいます。

    8Φ翳幻イ覆匹脳椶靴書いてはいないのですが、家系性による発症率の差はあるように思います。

    発生部位は脛骨粗面です。この部分が膝蓋腱の牽引により前方へ突出したり、時には遊離し骨片になります。

    発症は成長期の過程と関係があり成長軟骨の形態でエピフィーゼス期と呼ばれる時期に多く発症します。

     

    ●左図:オスグッド病の発症部位です
    ●右図:脛骨近位の成長軟骨の変移です。左から軟骨期→アポフィーゼス期→エピフィーゼス期→骨期と成長に伴って変移します。鳥のクチバシの様な形をしている時期がエピフィーゼス期です。 

    ●中学2年生、男子、硬式野球選手です。
    ●画面左の脛骨粗面が腱の牽引により右(健側)より前に引き出されています。

    ●小学6年生、女子、体操選手です。
    ●画面左:健側、画面右:脛骨粗面に隆起が見られ骨の不整列が確認できます。

    これらの選手も成長期が終わり骨期に入れば自然と痛みが消失していきます、しかし中には骨片が遊離し骨期になっても持続して痛みを訴えるケースもあります。そのような場合は骨端だけでなく腱に部分断裂や石灰沈着が確認される事もあります。成長期中は太腿前面の筋の柔軟性の向上を目的としたストレッチングや、痛みの酷い時は非荷重のトレーニングを実施します。また、エピフィーゼス期はスキャモンの発育曲線では臓器発達が顕著な時期でスタミナトレーニング(酸素摂取量の向上)を中心にトレーニングプログラムを作成します。

     

    ケース2: SLJ病(Sinding Larsen Jhohanson D)膝蓋骨下端骨端症
     

    SLJ病とは膝のお皿の骨の下端にある骨端症です。発生はオスグッド病と似ています。私的考察ではバドミントン選手の利き足に多いように思います。

    SLJ病はお皿(膝蓋骨)の骨端症ですが同時に膝蓋腱の近位にも限局した圧痛があり腱の不全断裂や微少外傷による炎症も同時に発症している炎症があります。成長期を過ぎ骨端が骨化した後も似たような症状が続くのはそのためかもしれません。

    また、SLJ病はそのような症状からジャンパー膝(膝蓋腱炎)と間違われることもありますので画像により鑑別しなければいけません。

    ●中学3年生、女子、バドミントン選手です。
    ●画面左に膝蓋骨がありその上面を覆うように膝蓋腱があります。お皿の下端(画面中央)に裂離した骨片があります。また膝蓋腱も肥厚化し炎症が確認できます。

    ●高校2年生、女子、バドミントン選手です。
    ●画面左(患側):お皿の下端がとんがった状態で骨化しています。
    ●画面右(健側):患側との比較でお皿を覆っている腱の厚みの違いを確認できます。

    対応はオスグッド病と同じです。オスグッド病の発生と比較すると、SLJ病は膝への衝撃が加わわる際に、膝関節がより曲がっている場合に多く発症していると印象があります。バドミントンでは前のシャトルを拾いに行った際にランジ動作でそのような動作を強いられます。その際に足を手前についてしまうと膝がより曲がってしますので注意する必要があります。

    ●左図:後ろ足が地面をとらえていない為に加速がつかず、前の膝が曲がり上体が突っ込んだ態勢になっている。
    ●右図:後ろ足で地面をとらえ上体を安定させると前の膝は大きく曲がらない。膝の屈曲角度は理想では130°前後と言われています。

    ケース3: シーバー病(Sever D, 踵骨骨端症)

    ジュニア期のサッカー選手に好発します。踵の後ろからやや側面に限局した圧痛があります。アキレス腱炎や付着部症、pump bump、足底腱膜炎、踵脂肪褥炎などとの鑑別が必要です。

    エコー画像ではアキレス腱炎やpump bump(滑液包炎)との鑑別は可能ですがその他は問診により鑑別していきます。

    ●アキレス腱と足底腱膜に挟まれている踵骨の後ろ端が骨端です。シーバー病の発症部位です。

    ●踵と画面上部の白い線筋がアキレス腱です。骨の表面に黒くくぼんで見えるのが成長軟骨です。
    ●画面左(患側):アキレス腱の付着部の骨端が隆起しています。
    ●画面右(健側):正常の骨端の様子です。

    骨端線が閉鎖するまでの間は予防的に経過観察します。予防方法の1つが、下腿筋群の柔軟性の獲得です。アキレス腱で終わる下腿の筋は下腿三頭筋と呼ばれ3つの筋から成り立ちます。1つはヒラメ筋、残りが腓腹筋です。ヒラメ筋は膝関節をまたがずアキレス腱で停止し、腓腹筋は膝関節の上から始まるアキレス腱で終わっています。

    下腿三頭筋の柔軟性を獲得するには、2種類のストレッチングを行う必要があります。膝を伸ばしてアキレス腱を伸ばす方法と膝を曲げてアキレス腱を伸ばす方法です。そのほかでは用具(ヒールカップ)を使用し踵を持ち上げてアキレス腱への負担を軽減します。

    ●シューズの踵に挿入します。補高の目的と衝撃を吸収します。

    本庄整骨院   http://honjo-seikotsuin.com
    〒546‐0014
    大阪市東住吉区鷹合1ー14−12 銀商ビル301
    06‐7891‐0010

    ジュニア期の骨折

    • 2015.03.22 Sunday
    • 16:38

    ジュニア期の捻挫や骨折は成人のとは異なった症状や予後になる場合が多いので慎重に対応する必要があります。

    ジュニア期の身体的特徴は

       々化が十分になされていない

       個で成長年齢が異なる

       6擇未発達の間は痛みが少ないが、筋の発達に伴い痛みを訴える
        事がある

    などです。

    捻挫は、関節が外力により生理的可動域をこえて強制的に関節運動を強いられ、その際に関節を保護している靭帯を損傷してしまうケガの事です。
    しかしジュニア期の関節に近い骨は柔らかく靭帯の牽引に負けてしまいます。その結果、靭帯損傷ではなく骨折をしているケースがあります。

    受傷時の痛みも成人ほど強くなく、また腫れや皮下溢血もほとんどないのでそのまま放置される事が多いようです。

    しかし、高校生以上で筋力が発達してくると、関節に大きな力がかかる様になり不安定性や痛みを訴えるケースがあります。

    私は、トレーナーとして高校生女子バドミントンチームや男子バスケットボールチームにかかわっており、新入部員のメディカルチェックをする際に、必ず足関節外側靭帯の状態を確認するようにしています。

    結果、かなりの頻度で足の外くるぶし(腓骨外果)に骨折をした痕跡を見つける事があります。

    ●高校女子バドミントン選手です。足関節の不安定性を訴えていました。
    ●外果の先端が分離している様子が確認できます。

    ●別の選手の外果です。画面左が患側です。靭帯の牽引によって外果の先端が欠けています。

    ●高校1年生女子バドミントン選手です。ランジをした際におしりの付け根が痛くなったと訴えてきました。肉離れのようにも思いましたが年齢を考慮し骨折を疑いレントゲンをオーダーしました。

    ●坐骨結節の裂離骨折です。太腿の後面の筋群の牽引により骨端が剥がされた状態になり骨折しています。成人では肉離れと判断される場所です。

    ジュニア期の骨折の特徴は、骨が柔らかいために完全にポキッと折れないで若木骨折になるケースと、骨には傷がなく成長線が離解するように折れるケースがあります。

    ●橈骨遠位端骨端線離解です。成人ではコーレス骨折と呼ばれます。

    ●左図:画面左の骨の先端がやや下に脱落しています。この骨と長い骨の間に見える黒い隙間が成長線(軟骨)になります。

    ●成人のコーレス骨折です。完全に折れている様子がわかります。

    この様に小児の骨折は外観では大きな変形がないために軽く考えがちですが成長線の損傷(骨折)は、後の成長障害の原因になりますので慎重に対応すべきです。

    同様に成長軟骨を横断しながら折れるSalter-Harrisの分類にも注意が必要です。

    ●12歳女子体操選手の肘関節後方脱臼骨折のレントゲン像です。

    ●左図:健側の肘関節レントゲン正面像です。

    ●右図:整復後の患側のレントゲン正面像です。上腕骨小頭の成長軟骨を縦断するように走る骨折線が確認できます。

    本庄整骨院   http://honjo-seikotsuin.com
    〒546‐0014
    大阪市東住吉区鷹合1ー14−12 銀商ビル301
    06‐7891‐0010

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM